Labo-029

日々暇つぶし。

Category: ガジェット

メモリの価格に変動ありそう。ビビって買ってしまう。


半導体界隈が色々とあって、その影響がメモリの価格にも出るかも?みたいなニュースが出てきました。


今現在、自分のメインPCが16GBメモリで運用してるんだけど

OC+LED装飾っていう付加価値品でもあったんだが
ちょうど、マイニングブームやらでメモリが非常に高かった時に買ったのもあり
16GBで約20,000円というかなり高い時期に手を出してしまった。


自己満の世界ではあるが、できれば2枚では無く、同じ製品で4枚にしたいなー
と思っていた。

1年近くAmazonの欲しいものリストで値下がりを待っていて
最近やっと1万円切るか、切らないかのレベルまで下がってきた。


自作界隈では今がチャンス!的な雰囲気だったんだが
今週になって、気持ち値段が上がっている。

あと、自分が欲しいものリストに入れていたメモリも
旧にAmazonの在庫がなくなったり、値段が上がったりと
何やらおかしい感じになっていた。

リストに入れてる商品が9,000円台になったら買おうと思っていたが
1000円値上がりし11,000円ほどになってしまった。
まぁその値段なら許容値かと早速ポチり。


その後、ほどなくしてその商品の在庫がamazonから消え
マケプレで18,000円前後まで値段が上がってしまっていた。

単純に一時的な在庫枯渇なのか?その辺はちょっと分からないが
まぁぎりぎり安いと思える範囲で買えたので良しという事で。


G-STEEL GSTB-D100 オン/オフ行けるGショック


先月、メタルのオリジン(のコピー)を買ったばかりだったんですが
とある動画で、今回のG-STEELのレビュー動画を見てしまい、それのせいで完全に一目惚れ。

なんか雑誌とかで見るより、動画レビューのほうが昨今だと心動かされるよね。
(まぁだから企業もレビュワーとかに提供とかしてるんだろうけど)

高いわけでは無いが、安いという感じでもない。

一番迷う価格帯だったんですが、あまりにデザインがカッコいいもんで
『迷って5分でポチる』っていう久々に清々しい買い物をしました。

実際に写真レビュー。

動画で見た時点で『かっけーーー!これ絶対買うわ!!!!』と超テンション上がったんだが実物を見てもそのテンションは全然下がらなかった。

蓋を開けた瞬間にスリープから覚めて、ぐるぐると針が動き出すのもまたカッコいい。

ちなみに買ったのはフルメタルVer。ラバーバンドとメタルのコンビがクールだな!
と思ったんだけど、飽きた時にメタルバンドをあとから買うとすげー高いから
基本時計はメタルバンドを購入するのが自分のルール。
調べたら正規のラバーバンドも安価だったので、同時購入。

まず存在感がすごい。これはもうG-SHOCKなんだと言わんばかりに。
色んな所で言われてるけど、このG-STEELはウブロに非常に似ている。

確かによく似ている。でもこれはインスパイアだと思う。
ウブロのエッセンスを取り入れた紛れもないG-SHOCK
個人的にはそのように受け取っている。

※なんか聞く所によるとウブロ自体も、オーデマピゲの名作時計にインスパイアされたものらしい(ビスむき出しのデザインとか)

G-STEELシリーズは、ビジネスシーンもターゲットに入れたモデルだと思う。
確かに厳つくゴツくなG-SHOCKではあるのだが、フェイスの造形自体は
アナログオンリーなのでオーソドックスではあると思うし

またメタルの仕上げも非常に良いため、ゴツメではあるが、スーツにも取り入れやすいと思う。

MT-G、MR-Gは実際に着けた事が無いのでわからないが、外面だけで言えば
全然劣っていないと感じる。

それぞれの面がエッジが立っていて非常に立体的。
確度によりそれぞれの面に反射してキラキラとして見えるのも個人的に良い。
ふと腕を見た時に「おぉ…!カッコいい…!」と思える。
この価格でそれが得られるなら安いもの。

特徴的なベゼル。

ビス止めがカッコいい。ちょっと気になるのはビスの確度が揃っていない…
前述した多面的なデザインが立体感をより強めている。
アイデンティティである『G-SHOCK』のロゴはうーんどうだろう。。。
もう少し小さくても良かったかなとは思う(もしくはスミ入れ?をしないか)

このモデルはBluetoothで時刻合わせが出来る。
※個人的には電波のほうが好みではあるが

それ以外はストップウォッチ、アラーム、ワールドタイムとまぁ
オーソドックスな校正。おそらく全て使わないけど…

特徴的な部分としてバッテリーインジケーターのデザイン。
これは賛否が分かれるような気がするが、差し色の赤が個人的には良いと思う。

仮面ライダーのベルト・もしくはバイオのアンブレラ社のロゴに似てるなー

側面のボタンもメタルの削り出し素材で安っぽさは皆無。
ウレタンパーツとの相性も良く、際立っているように感じる。
また、Bluetooth接続用のボタンは、赤のアルマイト処理がされていて
これがまたワンポイントになりカッコいい。

ちなみにラバーベルト+ウブロ風バックルも着けてみた。

メタルとラバーのコントラストみたいなのがすごく効いてコレはコレで凄くイイ。
付け替えるのに、精密ドライバーの六角が必要なので若干めんどくさいけど
気分によって、メタル⇔ラバーと表情を変えらるのも悪くない。

あと、ウブロ風バックルが地味に良い。
思った以上にでかいのだが、厚みや穴幅等も完璧。余ったベルトもスッキリする。
バチッとハマるし凄く良い。


G-SHOCK MUDMASTER(マッドマスター) GWG-1000をメタルバンド化してみる。


G-SHOCK MUDMASTER(マッドマスター) GWG-1000をメタルバンド化してみる。


G-SHOCKの中でもひときわゴツくいかつい『マドマス』ことMUDMASTER。
この時計を買った方は、その圧倒的な存在感に惚れ惚れしているはず。

スマートさとかそんなんイラン。
男、いや漢だったら

漢らしい、漢のための、漢だから似合う時計を付けろ。

それぐらいの事はきっと思ってるはず(はずはず

そんな冗談は置いといて、今回はそのマドマスのバンド交換の話。
私が持っているのはGWG-1000GBというモデルです。

G(ゴールド) B(ブラック)という意味だと思いますが
ただでさえ厳ついマドマスを更に厳つく見せるカラーです。
(ネット上では中華カラーとか言われたりもしてるけど…)


自分は、ベルトをカーキカラーに変え、ミリタリーっぽい感じにして使っています。

黒・金・カーキ

このカラーリング。ドズル専用ザクのよう。
ドズルとか漢の中の漢じゃないか…!

このベルト。
限定色(赤とか)は非常に高値がついちゃってるけど
レギュラーカラー(黒・黄・カーキ)に関しては、Amazon等で結構安く買えたりします。
ガラッと印象が変わるのでおすすめ。


前置きが長くなりましたがここから本題。

更に厳つく、マッドマスターをメタルバンド化してみようというお話です。


今回は海外のG-SHOCKファンサイトを巡っていたら、アダプターをかます方法で
一般的な22mmストレートのバンドを取り付けている人がいたので
Google翻訳で頑張って真似してみました。

以下が海外フォーラムの記事です。参考に。

使うのは下記パーツ。

・アダプター

※9400を使用

・GW9300用ネジ

パット見て分かる通り、マドマス(というかG-SHOCK全般)は取付部が特殊なので
一般的な汎用品は使えません。
このアダプターを使う事でそれらに対応させる事が出来ます。

マドマスの場合は9400(レンジマン対応)のモノが合うようです。
また、取り付けるネジについてはマドマス純正のモノを使うと

下記のようにフランケンシュタインのようになってしまいます。。。


んで、このネジ部に関してはGW9300(フロッグマン?)のモノを使うと
非常に収まりが良いようです。


んで最終的にこうなります。
腕に重機を巻き付けているよう。

ネジもフロッグマンのモノを使う方が収まり良し。


今回はメタルバンドにしましたが、一般的な22mm幅であれば
何でも取り付けられるようになりました。

NATOバンドとかをつけても良いかもしれません。


お手頃価格でしっかりとしたゲーミングチェア E-WINレビュー


昨今、e-sportsブームで各メーカーゲーミングデバイスに力が入っている印象です。一昨年までこじんまりとしていた地元のビックカメラでもブースを拡張しているのでそれらを扱う業界全体で盛り上げようとしているのでしょう。

さて、そんなゲーミングブームですが、ゲーミングPC、マウス、ヘッドセットと揃えてきて次に気になるのは

ゲーミングチェア

では無いでしょうか。長時間座るゲーミングでは、安っぽいオフィスチェアとかだと腰や尻が非常に疲れます。

あと、ゲーミングチェアがあるだけで、ゲーミングっぽさがグッと上がるんでデバイスに負けず劣らず昨今人気があるように感じます。


さて、そんなゲーミングチェアですが有名所は、プロゲーミングチーム等でも使われているDXRacerやAKRACINGあたりがメジャーでは無いでしょうか。

それ以外にも有名なデバイスメーカー等が発売していますが総じて言える事は

お高い。

大まかな価格帯は3万後半から6万ぐらいまででは無いかなと思います。
ずっと使うものだし、椅子として考えれば高くは無いんですが、やっぱり安いほうが良い…
かといって、尼とかで売ってる、聞いたこともないようなメーカーのは不安。

そんなあなたにおすすめなのがE-WINのゲーミングチェアです。
E-WINの価格帯であれば2万半ば~4万以内で買えてしまいます。

しかも、見た目だけ取り繕ったようなゲーミングチェアでは無く
しっかりとした耐荷重性能で価格以上のクオリティがあるゲーミングチェアです。

私も、ゲーミングチェアを買うにあたって色々調べたのですが
その中で一番参考になったのが、下記動画

E-WINの公式動画だと思いますが
https://www.youtube.com/watch?v=3KzNoQIliZs

その中では、見た目は完全にゲーミングしてるのに、中身のフレームやスポンジが粗悪だったりとそういった粗悪品がわかってしまうという趣旨の動画ですが
その中で、E-WINのチェアについては有名所のチェアと変わらずしっかりとした作りという事を伝えられていました。

私が購入を決めたのもこの動画を見て、購入を決めました。
なんか胡散臭い商材紹介みたいな文面になってしまいましたが(汗

とりあえず、尼にはE-WINと同価格帯で出処不明なチェアも多数あるので
そんなのを買うなら、しっかりとした作りがわかっているコチラを断然おすすめします。

ちなみに、私が買ったのは2017年モデルで、そのモデルでも必要十分なのですが

2018、2019モデルは更に付加価値が+されており

2018年モデル

  • 3Dアームレスト(高さ以外に角度も変えられる)
  • 前傾姿勢チルト機能

2019年モデル

  • 2018年の機能
  • 別売りのオットマンを取り付けられる構造
  • 背面に小物を収納出来るポケット付き

といった違いがあります。付加価値が+されてる分、若干値段も高くなっていますが更に高級感のあるキルトステッチ仕様だったりと、見た目のかっこよさも大分良いので
気になる方はそちらも検討してみてください。

個人的に2019年モデルのキルトステッチが入ったモノが欲しくてしょうがない。。。
かっこよすぎでしょ。。。


日本での購入はアマゾンか下記サイトから。
代理店さんは株式会社真善美という会社様のようです。

https://ewinracing.jp/
(何故かGOTのネッドスタークがゲーミングチェアに…大丈夫なのでしょうか…)

ちなみに同じE-WINのユーザーさんで下記エントリーを発見しました。
2018年モデルの3Dアームレストのみを購入出来るとの事で。

丁度、私の使っていたアームレストが破損してしまい(力入れすぎて)
アームレストの角度調整がしたかったのもあり、私も問い合わせてみました。

するとその日の内に返信があり

破損したアームの代金と送料はサービスしてくれるとの事で!
なんて神対応!!というかアーム自体も結構お安く結果
1000円程度で買えてしまいました…!!
(ちなみにアームレスト自体も左右で1,850円と想像以上に安かった)

ちなみに一応保証期間内だったのもありますんで
コレ見て凸るような事はしないでくださいm(  )m

完全にご厚意でサービスして頂いたので。。
にしても、同じアームレストではなく、別商品でもそういった
柔軟な対応をして頂いた事に感謝感謝です。


とても丁寧に梱包され送られてきました。(粗品のクリーニングクロス付き)
さっそくつけてみました。

もともと付いていたものより、アーチが少なくフラットですが、フィット感はいいです。
何より、思ったよりも可動域が大きく、前のめりの時、ふんぞり返って座る時、両方でとてもいい位置に肘を固定出来ます。
結果、めちゃ満足です。


SUMSUNG Gear S3をしばらく使ってみて。


Gear S3 Classicを使い始めて結構立ちますが、かなり気に入って毎日使っています。
発売されてから半年以上経っていますが、なかなか盛り上がらないスマートウォッチ市場で、かなりの完成度を誇るこのGearS3。個人的にはベストだと思っています。

 

■ちなみに自分のは韓国版。

尼で買ったのですが、日本版と韓国版があるのを知らず韓国版を購入してしまいました。初期の設定画面がハングルでまったく意味が分からないのと、カレンダーアプリが韓国の休日設定になってしまうというデメリットがあります。

初期設定の方はとりあえずスマホとつながれば日本語になるので特に問題無いですが
カレンダーを多様しようとしてる人は注意が必要です。

値段的にも2000円ぐらいしか変わらないので、保証とかも含め日本版を買う事をオススメします。。

■外装とか

 

パッケージはこんな感じの円柱形の箱。トップがメタリックでカッコイイ。

■本体デザイン

んで肝心の本体はこんな感じ。
自分のはClassic。これとは別にもう少しスポーティーなデザインのFrontierというバージョンもある。スーツに使う予定だったので、Classicを購入しました。
本体後ろの物体は充電器で充電はMoto360のように置くだけ充電の形。充電・バッテリー周りは後述。

大きさは結構大きめ46mmぐらい?普通の時計だったらデカ厚っていうジャンルになるであろうサイズ感。本体重量もスマートウォッチの中では結構重い方だと思う。
個人的には大きめ重めの時計の方が好きなのでこれはウェルカム。
HUAWEI Watch W1なんかと同じ、高級感を押してるデザイン。
チープさは一切感じない。

厚みはこんぐらい。結構分厚い。
回転ベゼルがGearの名前の通りギザギザしてる。このベゼルを回転させて操作する事もできる。

裏側はプラスチック。こっちもメタル素材であれば最強だったけど。

■ベルト

スマートウォッチでは自分でベルトを簡単に変えられるようになっているものが多い。
このGearS3でも、イージークリップタイプのベルトになっている。
純正のこのベルトも厚手のレザーで本体のメタルっぽさを、シンプルなレザーで
より高級感が出てるように感じる。

ちなみにベルト幅は22mmで市販のモノと互換性がある。
なのでその日の気分によって変えたりしてる。ウォッチフェイスも変えれば毎日新鮮な気持ちになれる。

メタルベルトも22mmであれば取り付け可能。弓カンは互換性があるのを見つけるのは結構難しいので直カンのモノ。メタルのモノをつけるとかなりの重量になるので重厚感とかは凄く出ると思う。

■ウォッチフェイス

デフォで入っているウォッチフェイスが凄くカッコいい。有名時計をオマージュしている感じはするが、クオリティは非常に高い。過去記事でウォッチフェイスの自作方法も紹介しているが、結構デフォのデザインをローテして使ってる事が多い。

ちなみにウォッチフェイスはSAMSUNGのアプリストアから無料・有料含めダウンロード可能。毎週有料のモノも、何かしらが無料になったりと選択肢はかなり豊富。

■電池・バッテリー周り。

充電は置くだけタイプ。充電中の画面もカッコイイ。充電中は画面が回転するので卓上時計みたいな使い方もできる。こまかい所までよく出来てるなぁとホント思う。

んで、スマートウォッチ最大の課題である
「バッテリー持ち」

とりあえずGearS3はここが他のスマートウォッチよりも秀でてると思う。
普段使いであれば2~3日(三日目終わりの寝る前に充電する感じ)
SAMSUNG自体もこれは売りにしている。
それが関係しているか分からないが、デフォのウォッチフェイスにはバッテリー残量を表示するものは無い。バッテリーを気にする事はありませんよという事だろうか?

■TIZEN OSをどう見るか。

この時計はAndroid Wearでは無く、TIZEN OSになっています。Androidじゃねーのかよ!
という事で選択肢から外れてしまう人もいるかもしれないけど、TIZEN OSかなり完成度高いです。もっさりする事も無く、キビキビ動く。タッチ感度もかなり良い。
(比較対象がMoto360 1stっていう初期の初期だからあてになるかは分からないけど。。)

アプリの充実度という意味では少し弱いかと思いますが
基本的なアプリはSAMSUNG側で対応しています。

端末側の相性とかあるのかもしれませんが
少なくともZenfone3、Mate9と特に問題はありませんでした。

■総合的に非常に完成度が高く、スマートウォッチの最高峰(ただしTIZEN)

Moto360とGear S3

電池が持たないというイメージがスマートウォッチの一番の弱点で、市場が鈍化してしまっている原因のように思います。逆に言うと、そこをクリアしているGearS3ではスマートウォッチの利点と言うものを最大限に感じられるのでは無いかと。

個人的には、このGearS3の完成度が基準となればスマートウォッチ市場はもっと賑わうんじゃなかろうかと思っています。

最近ではスウォッチ・グループが力を入れてきたりしているので
このままオワコンにならずもっと選択肢が増えてくれればなぁと思います。
 


Zenfone3 すぐ乗り換えちゃった訳と時期Zenfone4に望んでいる事。


発売から一年近く経つけど、今更ながらZenfone3の感想と
すぐ乗り換えちゃった訳とかそんなんを。

まず、このZenfone3はすごく良い端末です。普通に使う分にはなんの不満も無かった。
おそらくなんだけど、Zenfone2もしばらくはMVNOの入門機みたいな感じで結構長く
取り扱われたので、この3に関しても、4が発売してもしばらくはそういったポジションで取り扱われるんじゃなかろうかと思います。

値段も3万半ばで買える端末としては全然それ以上の価値はあるし
見た目も非常にカッコイイ。これからもう少し値段も下がるだろうし。
ちなみに海外版はすでにamazonでも3万切ってる。(技適うんぬんはあるけど)

■剛性が低いような気がする。

まず、自分も最初はこのZenfone3をめちゃ気に入ってた。初めてのガラス製で
デザインもスピン加工みたいなデザインがユニークでそのカッコよさに
惚れ惚れした。

ただ持った時から感じた「落としたら一発でアウト」感はすごかった。

かなり神経質なんで、いつかは入るだろうけど、極力傷はつけないようにと
大切に扱っていたわけです。
ずっとがんじょいケースに入れてたし、カバンに入れてもすれないように工夫をしてた。

しかしある日ふっとケースを外したところ、本体下部にこまかーい傷が一杯入ってた。
え?!落とした事も剃った事も、そもそも裸運用したことも無いのに?!
と何かその瞬間一気に愛がなくなった。



写真では小キズ程度に見えるが実際は、下のライン全てにこのキズが入っている。

神経質すぎてキンモーーーー!!っていう感じがするのはわかる。自分でもそう思う。
でも、大切に愛着を持って使ってたからこそすごくショック。

その部分以外に傷という傷は一切無いし。

初めてのガラス製だったので、こういうもんなのかな…?とも思うのですが
どうなんでしょう。結構端末が脆い、傷がつきやすいっていう声はネットでもちらほら見るので、やっぱ材質とかでコストダウンしてるって事なんでしょうかね。。

■UIがブリンブリンしてるのが…

これは好みかもしれないんですが、なんかUIがブリンブリンしてる感じがして好きになれなかった。テーマ機能あるから変えれば良いじゃん。って感じなんだけど
そのテーマストアに上がってるのも全体的にブリンブリンしてるんだ。


ASUS謹製のモノ以外のモノも多く含まれているが。。。
(あとテーマアプリを一定のVer.にアップデートするとサードパーティーのテーマ(野良で転がってるの)が使えなくなったものマイナス。)

好みの問題だから、気に入ってる人もいるだろうから申し訳ないけど
一応、デザインを仕事としてるモノの端くれから言わせてもらうと

もう少し写実的に表現するならばもう少し抑え目にしないといけないし
シンプルにフラットにっていう方向性であればもっと引き算がいるんじゃないか?
と思ってしまう。

例えばASUSカバーの時計のテーマとか。
何というかグラデーション使いが大雑把というか
シャドウとかテクスチャとかもう少し抑えめにすれば高級感は出るのに

という感じ。

筐体のデザイン製はASUSは凄く良いと思う。このZenfoneしかり
ASUS Watch3やZenBookやら。実態のあるモノのデザインワークは
こんなにも高いのに、何故UIになると一気にチープに感じるのだろうか。

ここまで言っといて「でもオススメだよ!」なんて言われてもという感じだが。
まぁでもただのいちゃもんだって言う事は、実際に量販店でモックを触ればわかる事なんで、ただの神経質なクレーマーの一意見として見てもらえれば良いと思う。。。

■時期Zenfoneで改善してほしいところ。

さて、そんないちゃもんは置いといて、近々発表されると言われているZenfone4ですが
正直、3の時の販売の仕方ってどうよ?って思うところがあります。

おま国とか言われたりしましたが、技適の対応だったり、ローカライズ、サポートの体制等。そういったモノを整備するためにはコストがかさむというのはわかります。

ですが、本国台湾での発表から数ヶ月待ち、熱が冷めた頃合いにおま国価格で発表され
っていうのがなんだかなぁと思う所です。

なんというかそういう販売の戦略みたいなものはもう少し考えてもらいたい。
偽DXだったり、5.5無印は出さない!とか言っておきながら忘れた頃に出してきたりとか。日本市場に合わせて考えられた販売戦略だったんだろうけど
何か失敗してた感は否めない。

一番は発表から発売までが非常ーーーに長い事。期待値が高いだけに
そのスパンは非常に勿体無いと思う。すでにZenfone4 MAXは発表されている事で
日本市場での優先度をもう少し考慮してもらえたら、ASUSというブランドを
安心して買えるのになぁと個人的に思う所です。
 


Zenfone3 5.5インチのケースもめっちゃ買ってたからレビュー


「Mate9のアホみたいにケース買ってみた」から続いて
「Zenfone3のめっちゃ買ってた」レビュー。

Mate9に乗り換えてかなり短命だったZenfone3。使い勝手とかは全然良かったけど
色々不満あった。一番は端末のデリケートさ。せっかくキレイなガラス筐体なのに
すごく傷がつきやすい。神経質なのでそれが嫌で嫌で。

Zenfone3のレビュー後ほど。

■ATiC  TPU+PC製 超軽量 保護ケース

http://amzn.asia/bxjDiCv

超軽量という感じでも無いが、つけると以外とフィット感良くサイズもそれほど大きくならない。一番気に入っていた。
背面はちょっとしっとりした感じのラバー?っぽいコーティングがされてて、持った時のグリップも非常に良い。

■ATiC ASUS ZenFone 3

http://amzn.asia/7IDZdr1

最初のと同じとこが販売してるのか明確な名称は無い。
かなり頑丈な感じ。一度これをつけてる状態でアスファルトに落としたが
本体とケースどちらもまったく無傷だった。
背面のPCは細かく凸凹してて滑りづらい。
また、サイドボタンが非常に大きくメッキ処理してあり
押しやすさと見た目のワンポイントに。
耐衝撃ケースとしては非常に優秀だと思うが、ちょっと見た目が
無骨すぎる。

カードスロットケース ストライプ絵柄

http://amzn.asia/3gxCBQ5

背面にカードが入れられるよ!的なやつだと思う。スイカとか入れられれば便利という事だろうか。
しかし、試しにかなり薄めの定期を入れようとしてみたが、微妙に入らなかった。
耐衝撃ケースとしては優秀だと思う。厚みも一番厚かったと思う。
見た目も良く気に入ってはいたが、結構な重みになるので電車で片手で使ったりするのは結構疲れた。

 

■【MYLB】 5.5-inch 専用 (紺)

http://amzn.asia/7pKRq7y

画像が無いのだが、これも非常に良かった。ネイビーがすごくキレイで
大人っぽい感じが気に入ってた。ただ、手垢がすごく目立つ。
結構短期間で汚くなってしまったので捨ててしまった。

■【TopAce】Asus ZenFone 3 (ZE552KL) 専用ケース 手帳型カバー

http://amzn.asia/06slWD8

NILLKINと書いてある。日本国内でCircleケースの純正発売が非常に遅かったため
サードパーティー製のものしか選択肢が無かったが、その中で抜群に質感が高いと思う。表面も梨地でチープさはまったくない。ただ、フラップに留め具等は一切無いので
つねにちょろっと開いてる状態だった。しばらく使ったら癖がつくかと思ったが
全体的に固めの素材なので癖もつかなかった。また、ケース部はハードケースで
こちらも非常に固め。デリケートな外装のZenfone3なので外す時は非常に気を使う。

■【ShineZone】 超耐磨 超薄型スリムケース 高品質 手帳型レザーケース(ブラウン)

http://amzn.asia/aumZ5JW

こちらもNILLKINと書いてある。
質感は前述のモノよりはチープ。レザーって書いてあるけど完全合皮。
フラップ部分が柔らかいのでちゃんと閉まるかと思いきや、コチラはゆるすぎて
締めた際にちょっとずれる。本体部分は薄めなので取り外しやすいのは良かった。

■Ringke [FUSION] クリスタル クリアPCケース

http://amzn.asia/9uSgIFd

Mate9でも買ってたが、Zenfone3でも使ってた。
Zenfone3が黒だったので死ぬほど指紋が目立った。
でも耐衝撃ケースとしてはしっかりしてるし、背面がクリアなのも良かった。
質感が良かったのでMate9でも買ったわけで、本体がシルバーとかだったら
オススメ。
なんか背面に自分の好きな写真入れてもオシャンティーだぜ!的なノベルティが
入ってたが。

■ELTD ZenFone 3 ZE552KL 手帳型 窓付き

http://amzn.asia/7BjkN2A

サークルウィンドウは使いたいが、いかんせんベストな選択肢が無く三度目の正直で購入。
締りが悪いのもマグネットついてるし、本体部分はシリコンで傷つかないしで
ベストバイかと思ったら、こいつは作りがすげーチープだった。
マグネットは非常に鬱陶しい場所についてるしで、ほとんど使わなかった。
横にしてフラップ部分を台座にして固定する事が出来た。動画とか見る人には良いかもしれない

■スタンド機能付き 2重構造 TPU素材 耐衝撃

http://amzn.asia/726ylxW

中華系端末のケースでは良くみる。通称ガンダム。
以外と薄い。こういったデザインが好みなら良いが、ちょっとガンダムガンダムしすぎかと。黒があればよかったのにと思う。
ちなみにGR5でもこのシリーズを使っていたのだが
PC部分がかなりくすんだ色味。

ゴールドなら黄土色
シルバーならグレー
ガンメタならブラック
と表記のトーンより1トーン色味が暗い。

■【 shizuka-will- 】クリア ケース カバー 

とりあえず最初に買ったやつだが、透過性もよく、グリップ性もよいのだが
背面が張り付いた感じになってしまう部分がありみっともない感じになる。
内部はドット加工がしてあって張り付かないようになってるっぽいのに。

■ TUDIA 超薄型 ARCH TPU バンパー 保護ケース

http://amzn.asia/fJyHAWS

どの辺が薄型なのかそしてバンパー?
シリコンケースとしてはしっかりしてるが
透過性が低く、黒につけるとすごくダサかった。
TUDIAはたぶんもう買わないだろう。

■5.5inch用 耐衝撃ケース 迷彩

http://amzn.asia/jithOXP

なかなかPrime扱いにならず、たまたま見た時にPrimeになってたので
ついポチってしまった。Mate9でも買ったが、すごく頑丈そうで
背面のカモフラは若干柔らかい感じ。衝撃にすごく強そうなのだが
全面のクリアランスがほぼほぼ無く、ガラスフィルムをつけてると
完全にその面が当たってしまう。

■ASUS ZenFone 3 (ZE552KL)用 View Flip Cover

http://amzn.asia/gp8UUPi

ついに日本amazonでprime扱いで発売された純正ケース。
これまでのフリップケースのだめだったところを全てカバーした
さすがは純正という感じ。

サークル部分と縁はメッキ処理がしてあって高級感もある。
また、このメッキのおかげで重みがまし、しっかり閉まるという
感じなんだと思う。

Zenfone3自体の高級感とマッチしててすごく良かったが
いかんせん発売がおそすぎ。

結論 やはりZenfone3は裸運用が一番カッコいい。

初めてガラス筐体の端末を使ったが、背面のスピン加工みたいなパターンと
光の具合によってネイビー~ブラックに変わる背面は本当にかっこよいと思う。

ただ裸で使うには剛性に信頼性がないし
指紋はアホみたいに目立つはで、プレミアムスマホみたいな路線の割に
何か矛盾した使い方をしないと行けないのは何ともいえない感じ。
自分ほど神経質でなければ普通に使えんだろうけど。


Mate9用ケース めっちゃ買ったから写真付きで紹介する。


■spigen ラギットアーマー

http://amzn.asia/72C7moo

定番と安定のspigen。とりあえず耐衝撃ケースはこれでしょっていうくらい安定。
ただ、Mate9用はこのラギットアーマーシリーズしか無いので、別のシリーズも出して欲しい。。

シリコンはサラサラとしていて、しっかりとした感触。持った感じも悪くありません。
これまでのラギットは上下共にカーボンパターンでしたが、今回は上の方は細かいラインのようなデザインになっています。ここがちょっとサイヤ戦士の鎧みたい。

全画面タイプのガラスフィルムとは干渉してしまうと思います。
逆に、半端幅のガラスと組み合わせると丁度良いのかも?


■偽ラギット

http://amzn.asia/4uFJ1aC

パッと見、こちらがラギットアーマー?と思うようなデザインだがspigenとは無関係。
過去プロダクトのラギットアーマーに似てる。実物はシリコンの感じが若干違うので
別物だと分かるはず。偽と書いたが、ラギットとくらべても品質はしっかりしてる。
こちらの方が若干スリムで、Mate9自体の薄さも犠牲にならないので
実は結構オススメ商品。
こちらも全面タイプのガラスとは干渉しました。


■Finon フォースコーナーエアクッション

http://amzn.asia/bOChV4Q

縁がシリコンで、バックパネルがPCのクリアケース。透過性も高く本体のデザインが隠れない。ただ、PCバックなので黒とかだと指紋が目立ちそう。
クリアなので分かり辛いが、付けると結構ゴツメのサイズ感に。
その代わりしっかりと保護され耐衝撃ケースとしてはしっかりしてるんで
見た目はシンプルにしたい人には良いかも。

■名称不明 メッキパーツ+ラバー加工パネル

http://amzn.asia/eB4S4HR

上下のメッキパーツは分割式。Amazonの紹介画面だとやすっぽく見えるが
ラバー加工パネルはマットな質感で結構落ち着いた雰囲気がある。
メッキパーツは安っぽい&耐久性が不安ではあるが、薄めのデザインで
上品だと思う。
取り付けが若干難しいのが気になった。


■Jisoncase レザーケース

http://amzn.asia/dmcuTN9

PUレザーでは無く、本当に革。サラサラとした手触りでしっかり革の匂いもする。
落ち着いた雰囲気だしかなりオススメ。ブラウンを買ったが届いた当初は
若干レザーが乾いた感じだった。ラナパー等のメンテナンスクリームを塗り込むと
ツヤ感が出てより良い感じになった。
経年変化とかも期待できそうでシンプルなのが良い人にも是非オススメしたい。
一点、本体下側がむき出しなのはちょっと気になった。


■Uniqe 高級感 炭素繊維ケース

http://amzn.asia/b0NEhb6

たぶんLuxury carbon なんたらっていうのをそのまま翻訳しましたみたいな製品名。
黒+金でオラオラな感じでいんじゃね?!と思って買ったが
びっくりするぐらい安っぽい。ダサすぎて1回も使ってない。
以外にもフィット感はすごく良い。


■超耐衝撃ケース

http://amzn.asia/j4rCFz6

カモフラ柄がかっこいい。背面は微妙に柔らかい素材になってる。また、見た目通り付けると非常にゴツくなるが、背面が本体に合わせて若干アールがかってるので持った感じは結構良い(デカいのは変わらないが)
画面側シリコンのクリアランスが結構小さく、厚めのガラスフィルムだと画面を下に置いた時に直接画面が当たるかもしれない。


■Tudia スリムフィットMERGE 2重構造保護ケース

http://amzn.asia/1nfThd5

どの辺がスリムフィットなのか聞きたい。かなりごつい。分厚い。
よくあるシリコン+PCパネルの感じで、しっかりとした保護はできそう。
若干でか過ぎるのと、デザインがちょっと個人的に野暮ったい。


■Tudia 超薄型 TAMM TPUカーボンバンパーケース

http://amzn.asia/4qzftBe

どの辺が超薄型なのか(ry あとバンパー?普通のシリコンケースなんだが。
まぁ至って普通のシリコンケース。商品写真だとかっこよかったのだが
実際はのっぺりした感じであまりかっこよくない。


■PhantomSKY 木製ケース

http://amzn.asia/hqS0rmM

プリント等では無く本物の木。かなりの重量になる。そして大きさもすごい。
分かってて買ったが、角材を持ってるようなサイズ感。
でも質感はしっかりしてるし、見た目も非常に良い。
背面のデザインは羅針盤・花・スカルがあった。
すごく気に入っているが、取り付けが本体をスライドインさせる形で
当たる面には柔らかい素材が張り付いているが傷が付きそうで怖い。
(でもいまんとこ全然傷はついてない)

木製なので、湿気とかで歪んだりするかもしれない。


■kwmobile ハイブリット保護ケース

http://amzn.asia/4lujeSR

Tudiaのものと同じシリコン+PCパネルの耐衝撃ケースだが
個人的に重火器のようなデザインがかなり気に入っている。背面の凹凸だったり
上下のカーボンパターンだったり。重さと大きさはかなり増すが
それでもこれを一番使ってる。本体を外しやすい絶妙なサイズ感なのも良い。

一点、イヤフォンジャックと充電端子にカバーが付いているが
非常に固く指しづらい。また、穴にしっかり埋まる感じでは無いので
材質もあって一度曲げるとその分ちょっと間抜け。

でも背面がかっこいいから許す。

Ringke [FUSION]

http://amzn.asia/bTEWRhR

Finon フォースコーナーエアクッションと似てるが、コチラはバンパー部分がスモーククリア。
あと光沢系のフィルムもおまけについてた。Finonと比べると若干薄い??

Olliwon プロテクトケース(ドラゴン)

http://amzn.asia/1kSafKi

龍らしきものが背面にあるが、遠目には何か柄という感じにしか見えない。
もうちょっと白っぽいかと思いきやどうみてもグレー。失敗


Mate9 購入レビュー


Mate9を購入して2周間程経ちました。
当初5万近い衝動買いをやってしまった事に、かなり後悔の念を覚えましたが
そんな後悔は商品到着10分後には完璧に忘れ

「良い買い物をした!!」
と鼻息混じりに言うくらい満足度の高いものでした。

中華製wという感覚はもう捨てた方が良い

Huaweiは中国製なわけですが、中華制端末というと、ちょっと前だったら
やすかろう悪かろうで、一部のガジェ好きのガチャ感覚?で買うようなカテゴリーでした。
割りとネガティブな印象を持ってる人も多いかもしれませんが

つい最近、Huaweiのシェアがアップルを抜き2位になったというニュースがありました。
(1位はSAMSUNG)

それぐらい今勢いがあり、そして、勢いだけでなくクオリティも抜かりなく
安い、高品質を実現しているのが中華端末だったりします。
(もちろん安かろう悪かろうなベンチャーちっくな端末もありますが)

思ったよりもしっくり来るサイズ感

今回購入したMate9は5.9インチというファブレットに近い画面サイズではあります。
現在主流は5.2~5.5インチで、さすがにでか過ぎんだろ!と思うかもしれませんが
実際はそうでもありません。大きさは5.5インチのiPhone 7Plusとほぼほぼ変わりません。
あちらは0.4インチ違いがあるのに。

5.9インチという数字だけに尻すぼみしているのであれば、一度量販店等で実機を見てみる事を
おすすめします。マイナスに感じる程大きくはありません。

かといって、んじゃ小さいのか?というとそうでは無く、明らかに大画面です。
左右のベゼルの細さや実際持った時の持ちやすさとかがしっくり来てるんだろうなと思います。

■高級感あふれる外装

近頃の端末は、外装のプレミアム感を売りしているものが多いと思います。

安い端末でも金属筐体を使ったり、ガラス製で美しい外装を売りにしてい
端末も増えてきました。

しかしやはり安いには安い理由があり、剛性に難があったり、加工の精度があまりよろしく無かったりとそういった点でマイナスを感じる事がありました。

しかし、このMate9はさすがフラッグシップという事もありその辺も抜かりなく作られているように感じます。
(重いからそう感じるというのも否定出来ないが)

個人的に好きなのはサイドのエッジ。削りだしでヘアラインが目立つように作られておりキラキラと目立つようになっています。

EMUIはやはり使いやすい。

Huawei端末はandroidをベースとしたEMUIというカスタムされたモノがホームアプリとしてインストールされています。特徴としてはIOSとAndroidを足して2で割ったような感じ。余談ですが、中国系のメーカーって何でこのタイプが多いんだろう??
ZTEやらXiaomiやら。国内として何かしら繋がりがあるのか…
はたまた模倣思想が同じなのか…

そんな事はさておいて、とにかくこのEMUIは「良く練られ、シンプルにしている」という印象を持ちます。IOSはシンプルだとか良く言われるけど、自分的には9移行は付加機能をUIに追加しまくったせいでシンプルとは思えない。よっぽどEMUIの方がシンプルだと思う。

無駄な装飾は無くシンプル。ただし、フラットデザインをこじらせたようなチープな見た目でも無く。堅実に作られたUIだと思います。

大型化していく最近のスマートフォンで「大きいという前提があった上で」それがデメリットにならないよう細かい配慮でそれを補っているという印象を持ちます。
実際に使ってみると、大型端末なのに何か良い位置にボタンやらがあるな!と
UI設計に関心します。


テーマ機能で印象をガラッと変えられる。テーマコミュニティーも海外では盛んで
フリーテーマも豊富。

—————————————————————-
■親にもたせても良い。本当の意味での「簡単スマホ」
—————————————————————-

シニア向けの端末で「簡単ケータイ・スマホ」というジャンルがあります。
表示が大きくて、ボタンも大きく、説明も極力わかり易く

そんな特徴がありますが、今までこのジャンルの携帯端末を使いこなしている
シニア世代なんか見たことが無い。

要はおせっかいが過ぎて余計に分からなくなっている。結果扱いに長けている
若い世代に聞いたりするのだが、今度は説明が多すぎて若い世代には使い方が
よくわからない。

個人的にシニアジャンルってもっと別ベクトルで配慮がいるよなぁと思う所があります。
んで、このMate9が何故シニアにもオススメかというと、特段ウリにしている訳では無いんですがEMUI端末には「簡単モード」というモノがついています。
設定のちょっと分かり辛い所にあるのですがこれをONにすると
アイコンや文字が大きくなり、また、表示も非常にシンプルになります。
この簡単モードが、国産のシニア端末と比べ、本当の意味で「簡単」になります。

おせっかいな説明等も無く、視覚的にわかり易くなる。
試しに、デジタル音痴なおかんに触らせて見ましたが、思った以上に分かりやすいようで
ガラケーから移行したいけど、スマホはちょっと…というシニア世代に
オススメです。


※Windows Mobileにも似てなくもないホーム画面


※設定も非常に簡素

スペック

Antutuでの結果はおおよそ13万くらい。
ランク的にはiphone 5SEとかに近いレベルです。

ココ最近ではスナップドラゴン835が出始めて来たので(18万台)
世代的に1世代前の820とかと並ぶスペックですね。

ただ、それでも十分にさっくさくなのでまったく不満は無いと思います。
何より、コチラは値段が5万台なので(835世代の半値

体感的に言うと、これの前に使っていたZenfone3(6万台)から変わった際に
特に「おぉ!」という感じはありませんでした。逆に言うと、ミドルスペックでも
十分な性能があるという事なんですが。
ただ、今Mate9からZenfone3に戻ると、若干のもたつきを感じます。
慣れって事ですかね。

このスペックの差は、思い処理をした時に違いが出ます。
例えば、Chromeのキャッシュを削除するなど。Zenfoneでは数十秒かかっていましたが
コチラは一瞬で削除します。

自分はスマホでゲーム等をしないですが、ゲーム用途にも全然対応出来るレベルだと思います。
ただし、やりたいゲームがSOCに最適化されていないという事はあるようです。
(デベロッパーも、マイナーなKirin等を対応するより、iPhone,スナドラを優先するだろうし)

電池持ちと超急速充電

電池持ちは4000mA!と昨今のものより大型化していますが
正直ここはそこまでアドバンテージは感じない…。
明らかにZenfone3よりは良い。でも感動!って程では無しっていう感じです。

でも何のバッテリー対策とかせず、常時Wifi、BluetoothなどONで余裕できっちり2日もつというのは、この画面サイズで言えばすごい事です。

使用頻度の下がる土~日だと、Android7からのDOZEモードの改良ですぐディープスリープに入るので、3~4日持つ時もあります。

また、付属のチャージャーで充電を行うと画面に

「超急速充電」

と表示され、超って何だよ?!と思うのですが、実際本気で早く
80%までを20分ちょっとで充電します。朝起きてから充電しても間に合うくらい。

ただ、あまりに早いのでコレを標準で使っちゃうと、夜寝てる間に充電…という事が出来ないので通常は普通のTypeCケーブルで充電しています。

ワイドアパチャーが楽しい。カメラ周り。

P9でライカ公認!というブランド戦略が取られましたが、このMate9もしっかりライカ公認のようです。
自分写真はさっぱりなので、良し悪しは良く分からないのですが
これまでの端末の中で一番綺麗に撮れるなという印象です。
カメラのUIも扱い安くついマニュアルでイジイジしながら撮ってみたくなります。

また、一番の特徴として本格的なカメラで撮ったような「ボケ」を再現する
ワイドアパチャーというモードがあります。

デジタル処理による、被写体外のボカしではあるのですが
これが思った以上に雰囲気が良く撮れます。

この機能は以前使っていたhtc製のhtl23でもあったのですが
そちらは通常の撮影をした後に編集からボケを調整する
という感じで、これってphotoshopで加工と何が違うの?と思いましたが。
Mate9のワイドアパチャーは撮ったその場でボケ加工が入ります。
また、そのボケ具合も後からGalleryアプリの方で調整が可能です。

もっとカメラを楽しく

ワイドアパチャーの他にも、ナイスフードモードだったりと
様々のモードで楽しみながら撮影が出来ます。

面白いと思ったのは

「ライトペインティング」

アニメAKIRAでバイクを運転中にテールランプが尾を引くという
演出がありましたが、それを再現するモードです。
試しに、手元のLEDが付いたキーボードでやってみたら何のこっちゃか分かりませんでしたwwww


※撮影センスが無く、ただただ残念な写真になったの図
これ以外にも、暗がりでライトを持って文字を書くみたいなモードもあり。

 

「3Dパノラマ」

こちらはデフォルトでは無く、XDAフォーラムにて上がっていたAPKを
入れる事で追加されました
https://forum.xda-developers.com/mate-9/themes/plugin-3d-panorama-stock-camera-t3574843
(リンク先自己責任で!!)

これは何かというと簡単に360°撮影が行えるモードです。

シャッターボタンを押しながらゆっくりと一定方向に周りながら上下に動かします。
すると、撮影後に傾きセンサーやスワイプ操作で写真自体を動かす事が出来ます。
これは面白い!!
(ただコレを再生出来るモノが端末以外あるのかは不明)


カメラ機能に関して、これまで判断基準にした事は無かったのですが
本機種での楽しさが今後の判断基準に影響しそうです。

最後に

さてえらく長々とMate9をレビューしましたが
いかがだったでしょうか。購入を迷っている方が「欲しい!」となって貰えれば幸いです。
現状、日本市場にすごく力を入れているHuaweiなので、端末の選択肢も豊富です。
Pシリーズ、Mateシリーズ、Honorシリーズなどなど…


近頃発売されたP10、P10PLUSとはSOCもまったく同じで、ざっくり見た目と画面サイズのみの違いだと思います。P10の方が小さいので、コンパクトさを求めるならばP10ですが

大画面、高性能、高品質を求めているならば、P10よりも2万程お安い
このMate9一択になるのでは無いでしょうか。


 


© 2019 Labo-029

Theme by Anders NorenUp ↑